月組

月組公演「welcome to takarazuka/ピガール狂騒曲」初日雑感

こんばんは、トオメです。
本日月組さんの「welcome to takarazuka/ピガール狂騒曲」の初日を見て参りましたよ〜!

飛行機でびゅーんと行ったのですが、飛行機を降りたあたりで「初日だよ!たのしみ〜」という声が聞こえてきたんだけれども私は振り向きたい気持ちをぐっとこらえて振り向きませんでしたw

さてさて、さっそく初日の雑感をば。

そういえば初舞台生公演だった

なんだかすっかり忘れていたんだけれども、そういえば初舞台生公演だったね!
紋付袴のるうくんの挨拶と後ろに控える初舞台生ちゃんたち。
初日なだけに首席さんと次席(というのか…?)さんのよう。

湖春ひめ花ちゃんと華世京くんだったよう。
華世京くんはいいお顔ですな…。

和物と言いつつ洋物っぽいショー

うーむ…
うーむ…という感想しか出てこないんだけど!

チョンパはさすがに華やかでおおっ!となるし、雨のごとき藤の花もきれいだと思う。

しかし…あんなに誰でも知ってる超絶メジャーなクラシックを、ヅカアレンジもなくぶつけてくるのはどうかなあ…

とりあえず、たまきちの「月」の場面の忍び(にしか見えない)のみなさんが、夜中に出くわしたら死を覚悟するレベルだと思うので、皆さんよくみてください!
あれは暗殺剣とか繰り出してくるやつらだと思うよ!
しかもあれだけの人数だから相当の戦闘力…

あと、松本先生の場面はさすがにオペラすると厳しいものがあるんだけれども、オペラを外して遠目にみると、娘に見えるからこれはすごいなと。
…これにヴィヴァルディの冬をぶつけてくるのはどうよ…
それは違うやろ…

しかし、よく考えてみると五輪のインバウンド目当てだったろうから、外国人の気持ちになって見てみると、わかりやすい…のかもしれないなあ…。

ピガールは超コメディだった

IAFAよりコメディだったw
初日開けてばっかりなのであまりいえないんだけど…
そうだなん…ひとついいたいことがあるとしたら…

りょうとりょうこの違いは唇で見分けてねってことかな…

吾輩…
吾輩、僭越ながら…
もじもじするりょうこはあんまりみたくなかったな…w

あと…りょうこ、いくらなんでもでかいのよ!
何回「りょうこでかすぎるねん…」「あまりにもでかいねん…」と思ったことか…!w

りょうこ的には私みたことないくらいとてつもなく低いヒールなんだけど、それでもどうしたって絶対的にでかいのよ!w

そのどうしたってでかすぎるりょうことかなとくんの絡みに注目してね!

あともうひとつの注目は風間くんかな!
風間くんを追っかけてるだけでどっかんどっかんだとおもうw
カンカンの場面は絶対に目を離さないでほしいくらい…w

…というわけで、ぼかしぼかしの初日雑感でした。

トオメ
トオメ
ぼかしてない?

和物ショーは綺麗だったけどわりとうーむ…
でもピガールは超おもしろかった!

しばらくたったら改めて感想を書こうと思います!

\応援のポチをお願いします!/
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ